JMCA
特定非営利活動法人(NPO)日本メディカルライター協会
Japan Medical and Scientific Communicators Association
HOME
JMCAとは
学習会・講習会
これからの予定
これまでの予定
活動実績
入会案内
ご賛助のお願い・JMCA賛助企業
会則
よくあるご質問
お問い合わせ
関連情報・リンク
求人情報
医療や健康に関するコミュニケーターとは?
第4回JMCAサロン
ヘルスコミュニケーション

情報過多時代の,情報の捨て方・まとめ方
講 師: 青木 則明
Assistant Professor, School of Health Information Sciences
University o Texas Health Science Center - Houston
NPO法人ヘルスサービスR&Dセンター(CHORD-J) 理事長
日本内科学会認定内科専門医,日本救急医学会認定救急科専門医
日 時: 2005年12月14日(水) 13:30〜17:30 (開場 13:00)
場 所: 東京大学医学部教育研究棟13階 第4セミナー室
   
 情報過多時代にあって,私たちは必要な情報を見つけ出すことがいかに困難であるかを痛感しています。毎日大量の情報を検索し,目的に叶った情報を新たに発信するヘルスコミュニケーターにとって,"情報の取捨選択"技術こそが,仕事の質を決める上でのポイントと言っても過言ではないでしょう。同時にヘルスコミュニケーターは,「コミュニケーションとは何か」「私たちは情報に接した後,どのようなプロセスを経て意思決定や行動変容に至るか」といった最少限度の理論を知った上で,日頃の業務に接するべきだと考えます。
 今回のJMCAサロンには,テキサス大学ヘルスインフォメーション科学部門でインフォマティックスを研究される青木則明先生を講師にお招きしました。
一見難解に聞こえるインフォマティックスという用語も,青木先生のレクチャーによって,「情報の受信者を,いかに効果的に至適な意思決定へと導くか」の実践理論であることが,お分かりいただけることと思います。また,レクチャーに続くグループ演習から,皆様がこの理論を日常業務に応用するためのヒントを見つけ出されることを期待しております。
 なお演習後には,講師,JMCA会員・参加者のための交流の時間を設けております。コーヒーとお菓子をご用意いたしますので,ざっくばらんな雰囲気の中,情報交換やネットワークづくりにご活用いただければ幸いです。

プログラム: レクチャーと展示視察,グループによる演習を,自由なワークショップ形式で行います。
司 会: 七野俊明(JMCA評議員 / 株式会社シナジー 代表取締役)
   
【講師略歴】青木 則明 (あおきのりあき)
1991年   札幌医科大学卒業
1996年   北里大学救命救急センターにてチーフレジデント修了。
      京都大学大学院医学研究科(臨床疫学分野)入学
1997年   米国ベイラー医科大学にリサーチフェローとして渡米,
      1999年より同大学Assistant Professor
1999年   テキサス大学健康情報科学大学院に入学,2001年に同大学院で
      Master of Science in Health Informatics取得
2002年   京都大学大学院で医学博士号(臨床疫学・決断科学)取得
2002年より Assistant Professor, School of Health Information Sciences
      University o Texas Health Science Center - Houston
2005年   1月よりUniversity of Massachusetts Isenberg School of Managementの
      MBA in Medical Managementプログラムに在籍中

現在,日米で救急・災害医学,臨床疫学,決断科学,医療技術評価,医療の質とアウトカム,クリニカルデータマイニング,パブリックヘルスインフォティクス,エデュテインメントに関わる学際的教育と研究・開発に関わっている。2003年に非営利特定活動法人ヘルスサービスR&Dセンター(CHORD-J)を設立し,理事長に着任。2004年より,テキサス大学健康情報科学大学院のマスタープログラム(Health Informatics / Management Program: HIMAP)を日本で開催。

Diabetes Care,Medical Decision making,American Journal of Surgeryなどの日米の学術誌に30編以上の論文を掲載し,日米の学術研究会にて100回以上の発表を行っている。また,日米の大学院でヘルスインフォマティクスの講義を行い,ヨーロッパやアジアでも講演を行っている。

七野 俊明(司会)
1973年 早稲田大学第一法学部卒業
メディカルトリビューンにて医師向け新聞の企画編集
電通サドラー&ヘネシーにて医学映像企画,セミナー・国際シンポジウム企画運営(患者教育,臨床経済学)などを経て
現在,株式会社シナジー 代表取締役,日本メディカルライター協会 評議員,日本医学ジャーナリスト協会 幹事,GAME (Global Alliance for Medical Education) Director,American Medical Writers Association (AMWA) Member,Health Sciences Communication Association (HeSCA) Member