JMCA
特定非営利活動法人(NPO)日本メディカルライター協会
Japan Medical and Scientific Communicators Association
HOME
JMCAとは
学習会・講習会
これからの予定
これまでの予定
活動実績
入会案内
ご賛助のお願い・JMCA賛助企業
会則
よくあるご質問
お問い合わせ
関連情報・リンク
求人情報
医療や健康に関するコミュニケーターとは?
2009年8月3日(月)
第14回JMCAサロン
医学記事作成のためのABC —メディアドクターからの提案
講 師:
(敬称略)
東京大学 保健・健康推進本部健康管理室 講師 石川 隆

日経BP社 日経メディカル編集部 北澤 京子
ファシリテーター:東京大学大学院医学系研究科 医療品質評価学講座 准教授 宮田 裕章

日 時: 2009年8月3日(月) 14:00〜18:30(開場13:30)
場 所: 東京大学医学部教育研究棟2階 第1・2セミナー室
プログラム: 講義と演習をワークショップ形式で行います。
14:00〜18:00 講義とグループ演習(途中休憩 15分程度)
講義1.『メディアドクターとは何か』14:00〜14:30
石川 隆

講義2.『メディアドクターの指標による日英マスコミ記事比較評価』14:30〜15:00
北澤 京子

グループ演習『メディアドクターの指標を使った新聞記事評価の実際』15:15〜18:00
石川 隆,北澤 京子,宮田 裕章
18:00〜18:30 サロン(講師・受講者の交流の場)
定 員: 30名 非会員の方もご参加頂けます
(※お申し込み多数の場合,会員優先となります)
協 力: 特定非営利活動法人日本医学ジャーナリスト協会
財団法人パブリックヘルスリサーチセンター JPOP(Japan Public Outreach Program)委員会

メディアドクターとは,医学記事を書く際に,その品質の最低水準を守ろうとする活動である。医療の専門家とメディア関係者とがチームを組んで,社会に発信された医学記事を臨床疫学などの視点から“採点”し,その結果をインターネット上に公表するというユニークな活動で,オーストラリアに始まり,現在ではカナダ,米国でも実施されている。

評価のねらいは,記事のABC (Accuracy: 正確さ,Balance: バランス,Completeness: 完全さ) を高めることにある。具体的に現在海外で実施されているメディアドクターでは,次の10項目が評価の指標として使用されている。

①治療の新規性,②治療アクセス,③代替性,④あおり(病気作り),⑤エビデンスの質,⑥治療効果の定量化,⑦治療の弊害,⑧治療コスト,⑨情報源の独立性,⑩プレスリリース依存

今回のサロンでは,まず石川氏よりオーストラリアで始まったメディアドクターが他の国へ広がった経緯や,メディアドクターの対象および評価方法について概説し,日本でもメディアドクターの指標を用いて医学記事の質を評価する試みが始まっていることを紹介してもらう。

次に北澤氏より,日本と英国におけるインターネットのニュースサイトで病気の治療および予防に関する記事を収録し,メディアドクターの指標を用いて評価した解析結果を報告する。

その後,実際に具体的な記事を用いた演習を行い,グループ毎の受講者の解析結果を比較検討してみたい。
◆お問合せ・お申込み
特定非営利活動法人(NPO)日本メディカルライター協会事務局
 電 話: 03-3252-3150
 F A X : 03-3254-8037
 メール: office@jmca-npo.org