JMCA
特定非営利活動法人(NPO)日本メディカルライター協会
Japan Medical and Scientific Communicators Association
HOME
JMCAとは
学習会・講習会
これからの予定
これまでの予定
活動実績
入会案内
ご賛助のお願い・JMCA賛助企業
会則
よくあるご質問
お問い合わせ
関連情報・リンク
求人情報
医療や健康に関するコミュニケーターとは?
最終更新日:2019/04/9
日本メディカルライター協会 第18回総会・講演会・懇親会
日 時: 2019年5月27日(月)
総 会 13:30〜13:50(開場13:00)
講演会 14:00〜17:30
場 所: (総会・講演会) 東京大学 農学部 弥生会館 一条ホール
⇒ https://bit.ly/2xKBBDG
(懇親会) 東京大学 レストランアブルボア2階(東京大学ファカルティハウス)
⇒ https://bit.ly/2uUG9Z8
テーマ: 患者に最新の医療情報をいかに早く・的確に伝達すべきか
総会・講演会・懇親会 参加申込 ⇒ https://bit.ly/2UPsTU0
*総会・講演会供に参加されない会員の方も、総会の定足数確定のため
右記URLより総会の委任状等をご入力お願いいたします。⇒ https://bit.ly/2UPsTU0
講演会参加費:
 正会員 5,000円
 賛助会員(枠内:4名)6,000円
 賛助会員(枠超過) 8,000円
 一般  10,000円
 学生  4,000円
懇親会参加費: 4,000円
講演会の要旨:
 JMCAでは2015年5月の総会講演会にて「医薬品・食品の情報提供のあり方を考える」として一般消費者・患者に対する情報提供について議論いたしました。この前後から、いかがわしい美容整形の前後比較や過大広告など、食品や保険外自由診療に対し、それまでは埒外であったインターネット広告にまで規制が及ぶようになってきました。これは消費者保護の観点から評価すべきことですが、旧薬機法66、67条で定められた「患者に対する医薬品の広告」は厳しく制限されたままであり、過敏反応から、学会の企業展示にまで患者お断りの事例が見られるようになり(これは2018年3月26日の監視指導課・麻薬対策課による「学会展示ブース等における医薬関係者向けの広告資材の一般参加者への配布」通知により、医薬関係者向けの資材であることが判る限りは患者への配布はゆるされるようになりましたが)、情報提供自身はむしろ厳しい方向への(自主)規制がなされ、とくにがん医療ではほぼナンセンスな「商品名提示」が制限され、公的ガイドラインを製薬会社が広報することさえ制限されるおぞましい事態となっております。
 今回の講演会(現在演者調整中)では、とくに進歩の著しいがん医療を中心として、これまで患者への情報提供を担ってきたものの岐路に立つ民間団体、今後ますます情報提供の役割が重くなるものの経済的・人的基盤を欠く公的機関、新たな情報提供の途を探る製薬業界、情報により恩恵を被る患者団体、情報発信を担う専門家養成をめざすアカデミア、そして可能なら行政の方々をお招きし、あるべき情報提供の姿とそれに対する(制度上実務上の)障害、解決策を議論したいと思います。
 製薬(医療機器)業界のメディカルアフェアーズ・薬事部門、フリーランスのメディカルライター、医療関係メディア・広告業界、メディカルコミュニケーションに関心をお持ちのアカデミアにぜひご参加いただきたくお願い申し上げます。

 参加はJMCAの他の企画と同様に会員以外も可能です。参加料、演題演者を含むプログラム、懇親会については、確定次第本ホームページに掲載させていただきます。

司会:
日本メディカルライター協会 理事長 大橋靖雄
中央大学理工学部 人間総合理工学科 教授,東京大学名誉教授
【プログラム】
詳細は確定後順次公表いたします。
◆お問合せ・お申込み
特定非営利活動法人(NPO)日本メディカルライター協会事務局
メール:office@jmca-npo.org
電話: 03-3252-3150 ※可能であればメールにてご連絡ください。